夢時造-yumejizo-

無趣味だから自分探して、日々・・・夢の時を造りたい

さすらう

春になると何か心が、疼く、、、

学生時代から、そうだった

宗教が教育についてかかわりすぎている
変わった学校だった
入学式に讃美歌を教会でゴスペルがごとく
唄わせられるだけではなかった
教育指導という名の体罰みたいなものが
存在している

その高専に通っていたころ、学校に対しての矛盾や不満を
登校拒否という簡単なやり方で逆らっていた

おかげで、2年生を二回やることになった(笑)
2年の時の出席日数が足りないこと、
専門選択科目の試験の欠席などで単位を落とした

5年制の高専、5年卒業で短大卒業扱いに、
3年生までやれば、高卒という扱いになるので
4年かかって、高卒した

春が近くなると、さすらいたくなるのは、
4月1日 エイプリルフール!
この日に特別感を持っているせいだろうと思う

それは、
21でアメリカへ渡った日、
帰国後デザイン事務所に努めるが、突然長野までの電車に乗り
途中下車した街の焼き肉屋で住み込みの仕事を始めた日、
自動車の国際免許の書き換えをした日、

挙げればまだまだある、
この日を境に、始まりと終わりが混在していることが多い

何かが疼いている、
何かを溜めていて、
我慢していて、
それが、溢れ出してしまうかのように

人にはダメ出しにも見えるのだろう

本人は、なにかの本棚からひとつ

興味ある一冊を手に取っただけなんですけど



さすらおうこの世界中を
ころがり続けてうたうよ
旅路の歌を

まわりはさすらわぬ人ばっか
少し気になった

風の先の終わりを見ていたらこうなった
雲の形をまにうけてしまった

さすらいの道の途中で会いたくなったらうたうよ

昔の歌を

人影見当たらぬ終列車 一人飛び乗った
海の波の続きを見ていたらこうなった

胸のすきまに入り込まれてしまった
誰の為の道しるべなんだった
それをもしも無視したらどうなった

さすらいもしないでこのまま死なねえぞ


作詞 奥田民生
作曲 奥田民生
朝倉さや
スポンサーサイト

ひとり反省会


この店のはし袋には

「いつもどこかでありがとう」って書いてある。

万物に感謝

ということなんでしよう

hananomai.jpg

前の仕事先にいた頃から、通うようになって
でも、半年ぐらいか、

店長さんも、よく話しかけてくれるようになったし
お気に入りのメニューと店員さんも

公私共にまいっていた頃からか、

もう限界だった、、、

夏の終わり

ひとりで迷って、ひとりで悩む、、、「ひとり反省会」

自分のなかの試行錯誤だから

「ひとり反省会」

去年の夏頃からかなぁ、
こうして、飲んで帰るようになったのは、、、

春の終わりに始まり、秋の始まりに終わった、、オヤジの片想い(笑)

night-park-bench-light-2560x1600.jpg


昔、早期退職して辞めてしまった会社に、お世話になっていた頃以来だろう、

あの頃、、、毎晩酔っていた
飲んで帰って、家でまた飲んで、、、

rock.png

無駄に、、、あてもなく、、、

さすらう、、、かのように、 

さまよいたかったのか、若いころのように、、、

そんな思い出し笑いは、ほろ酔いとともに さすらう

先日行われた ストフェス2017!!

Twitter記事、斜め読みしていたら!

こんな、バイキンマン
大人も悪さしなくなるんじゃない!

ちょとやそっとじゃ 「バイバイキ~ン」って飛んで行って、、、ぴか~ん
してくれそうにありません。



木蘭の涙 - お彼岸ですね、

逢いたくて 逢いたくて この胸のささやきが
あなたを探している あなたを呼んでいる

いとしさの花篭 抱えては 微笑んだ
あなたを見つめてた 遠い春の日々

やさしさを紡いで 織り上げた 恋の羽根
緑の風が吹く 丘によりそって

やがて 時はゆき過ぎ 幾度目かの春の日
あなたは眠る様に 空へと旅立った

いつまでも いつまでも 側にいると 言ってた
あなたは嘘つきだね わたしを 置き去りに

木蘭のつぼみが 開くのを見るたびに
あふれだす涙は 夢のあとさきに

あなたが 来たがってた この丘にひとりきり
さよならと言いかけて 何度も振り返る

逢いたくて 逢いたくて この胸のささやきが
あなたを探している あなたを呼んでいる



そろそろ、このあたりでも、木蓮のつぼみが膨らんできました。
我が家の庭にもまだ1メートルほどの木蓮の鉢植えがあります。

3年前に、近くのホームセンターで買ってきた、「白木蓮

先日紹介した「真田太平記」にちなんで購入しました。

幸村とお紅を結んでくれた木蓮の香り、

木蓮の香りを確かめたくて、確かめたくて、、、

いつも何度でも、、、ゼロになるからだが 耳をすませる

いつも何度でも

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも心踊る を見たい

悲しみは 数えきれないけれど
その向こうできっと あなたに会える

繰り返すあやまちの そのたびひとは
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど
この両手は 光を抱ける

さよならのときの 静かな胸
ゼロになるからだが 耳をすませる

生きている不思議 死んでいく不思議
花も風も街も みんなおなじ

ラララララララララ・・・・・・・・・
ホホホホルルルル・・・・・・・・

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも を描こう

悲しみの数を 言い尽くすより
同じくちびるで そっとうたおう

閉じていく思い出の そのなかにいつも
忘れたくない ささやきを聞く
こなごなに砕かれた 鏡の上にも
新しい景色が 映される

はじまりの朝の 静かな窓
ゼロになるからだ 充たされてゆけ

海の彼方には もう探さない
輝くものは いつもここに
わたしのなかに 見つけられたから

歌 朝倉さや 作詞 覚和歌子 作曲 木村 弓

いつも何度でも_歌詞の意味を読み解いてみた朝こちらより歌詞をお借りしました