夢時造-yumejizo-

オヤジ料理人の記憶の記録 夢日記 

Ready Player One/Steven Spielberg 行ってきました!


© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

これは、予告を観て即決!
先日、息子にもみせたら即決!!

今度の休みに行ってきますよ、、、息子曰く「スピルバーグっておじいちゃん監督だよねー?」
侮ることなかれ! 「G・ルーカスと時代を作った監督だぞ、お前の好きなグーニーズもこの監督だよ!!」

readyplayer_web_banner900_380.jpg

原作同様、他作品からのキャラクターが数多く登場
原作に登場しない他作品から登場するキャラクターもあり、どれがどのキャラなのか、
探してみるのも楽しいが、このスピード感では、瞬く間のチラ見でしょうね。

1980年代の大衆文化に対する敬意が見られる、そして、日本にも!
あの頃の世界中がイケイケの好景気、創造力も溢れるばかりの時代であったことへの尊敬もあるのか、
特にに1980年代の映画作品が数多く登場している

wikiに記載されたキャラクター達
キャラは,追記をどうぞ

これだけ登場すると、話も散らかってしまそうですが、
そこは、隠居してない大御所スピルバーグ監督だと思うところが満載!

スピルバーグご本人、関係者は、このための著作権交渉にかなりの月日を費やしたのでしょうねぇ!



昨日休みだったもんで、息子とデート、、、4DXで観てきました!
2人で5000オーバーの料金でしたが、
こういうノリが大好きなお父さんは、ためらわず、、、でしょ!

お話は、いたって簡単ストーリー、

スピルバーグ作品だけに、、、現代版「グーニーズ」でしょうか?

ネタバレしません今回は(笑)

感想をちびっと!!



現実逃避をしてしまいたくなるこの世の中、
お互いの目を見て話をしなくてもいい世の中、

夢を求めた、夢を託した、夢を叶えるためだけではない、

これから大人になっていく、未来の大人たちは、
もがき苦しみからの解放を求め、自分の居場所を求める、、、
今の大人に見切りをつけ、彼らだけの世界へ、
現実から離れていこうとする、、、

でも、ここで生きていることを認めて欲しい、、、

リアルな自分を仮想空間に求める、、、

でも、気づいたこと、、、

現実ほどリアルな事はないと、、、

VR-ヴァーチャル・リアリティは、最高のドラッグになるだろう!

スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

カッ カッ カッ・・・  かぁ~かぁ~かぁ~~~

今朝、ベランダに出てみると、あちらこちらで、朝のカラスの発声練習、、、

タイトルに書いたように、このカラスって鳥は、色んな「か~か~か~」があるんですよね。

「カッ カッ カッ」なんて鳴く奴もいて、
高飛車に何か笑われているような、馬鹿にされたような、、、( ´∀` )/


小生の働く老人ホームでは、鳥の巣作りがピークを迎えていて、

鳩に始まり、、、ヒバリ、ツバメ、、、で、カラス、

鳩は、エアコンの室外機の裏に小枝を集め始めているが、
人間や猫を恐れてか、なかなか巣作りが進まないようで、

いつの間にかやって来たツバメは、毎年同じ場所に目をつけているらしく、
後は誰とツガイになるかのランデブー

ヒバリもどこに巣があるやら、施設の周りの畑から飛びあがったのか、、、

で、カラスも巣作りが進んでいるらしいと、
施設の整備員の方が教えてくれた、

この方、定年退職した後、小遣い稼ぎに近所のこの施設の設備を診てくださっている、
現役時代は、F1に名を轟かせていたあの自動車メーカーにいたらしい、

バブル期にお勤め終了したらしいから、好景気の時の自慢話が多いけれど、
何故か、私は、気に入られているらしく、
去年の仲間内の忘年会に誘われてしまった、

それはさておき、烏の巣、

烏の巣

カラスって、烏のヒナ、、烏の幼鳥って、見たこともないですよね?

カルガモやハクチョウ、ツバメ、スズメ、、、ウズラ、ブンチョウ、インコ、アヒル、ニワトリ、、、は、見たことある。

烏の巣がこれから出来上がり、
卵がかえる、、、、

雛を抱えた烏は、
攻撃的な防衛をするらしい、

2016071902.jpg

私が利用する休憩所とは、
反対側の休憩所の上で良かった!

torinosu.jpg

こんな巣だったら、誰とツガイなろうかと
子沢山に、なっちゃうかな(笑)





  • Comment:2
  • Trackback:0

覚えてないこともたくさんあったけど、きっとずっと変わらないものがあること


65846f444cfc9de6949e4db2583f33b7.jpg

先日、訪れた「小田原城」
昔訪れたのは、まだまだ、息子がチビチビの幼稚園児の頃かな、
伊豆の「シャボテン公園」に行った帰りに立ち寄った記憶、、、

2人でゴンドラに乗ったっけ、
あの時の息子は、手にアレルギー性の湿疹ができてて、水泡もできてて、、、、
10本の指 ガーゼで、ぐるぐる巻きだったなぁ

今思えば、
アトピーも大分良くなって、
おそらく、いじめの対象外になったかな、、、


卒業式を終えて、

あの時の私は、参観をしていた父兄の方々に感無量でした、
「12年間育ててきたんですね、あなたたちの子供たちは立派になりました、、」ってね。
自分も同じ立場なのにね、
担任の先生たち以外の先生方が泣いている姿に、危うく涙腺崩壊でした、


先日、入学式を終えて、

息子の新しい制服姿、なんてことなく進行していく式、、、
祝辞も沢山ありました、、、さほど感動もないと思いきや、
小学校の担任だったの先生の祝辞で、先生の名前を聞いて、、ウルっときました。

ここからの三年間は、君にとって躯、脳、心が、一番成長する、
ありきたりだが、「悔いの無い」、自分の人性の「ヒトコマ」にして欲しい!





いっせーのーせで踏み込むゴーライン、僕らは何も何もまだ知らぬ、
一線越えて振り返るともうない、僕らは何も何もまだ知らぬ、
うだってうだってうだってく、煌めく汗がこぼれるのさ
覚えてないこともたくさんあっただろう、誰も彼もシルエット
大事にしてたもの、忘れたフリをしたんだよ
なにもないよ、笑えるさ

いっせーのーで、思い出す少年、僕らは何もかもを欲しがった、
わかってるって、あぁ気づいてるって、時計の針は日々は止まらない、
奪って奪って奪ってく、流れる時と記憶、遠く遠く遠くになって、
覚えてないこともたくさんあっただろう、誰も彼もシルエット
恐れてやまぬこと、知らないフリをしたんだよ
なにもないよ、笑えるさ

ひらりとひらりと舞ってる
木の葉の様に憂うことなく焦燥もなく過ごしていたいよ

覚えてないこともたくさんあったけど
きっとずっと変わらないものがあることを
教えてくれたあなたは消えぬ消えぬシルエット
大事にしたいもの持って大人になるんだ
そんな時も離さずに守り続けよう
そしたらいつの日にか、なにもかもを笑えるさ、
ひらりとひらり舞ってる、木の葉が飛んでゆく、、、




  • Comment:4
  • Trackback:0

朝倉さや 「メキシコ公演」 

凄いぞさやチャン、世界制覇は、メキシコからだ!!

突然、私のフォローしているさやチャンのオフィシャルから、tweetがあったもんで、
それも今月だよ、もともと決定していたけれど、
サプライズニュースなのか、契約即決まりの公演なのか、わかりませんが、
とにもかくにも、メキシコですよ。

おそらくですが、、、メキシコシティの日本人村で日本人祭が開催されるのだと思います。
で、そこのメキシコ系なのか日系なのか、地元の有力者さんが、「さや好き」で、
さやチャンを呼んでくださったのかなぁと勝手な憶測で書いてますが、、、
間違ってたら、怒られちゃうかな?

ちょうど、ゴールデンウイークだから、日本から応援に行くファンもいるのかなぁ?




DaemtndVwAAlOHI.jpg
朝倉さやオフィシャル・Twitterより

現地の記事←メキシコ


100名城 探訪 小田原城 石垣城は一夜城なり!

100名城探訪の三回目、春休みの間に三ヶ所ですよ!

12歳の趣味にしては、ちと渋いでしょ(笑)

やって来たのが、小田原城、お堀の周りの桜は、大満開でした。

DSC_0530_convert_20180412045050.jpg

北条家由来で、「蒲鉾」が、有名ですね、
平成の大改修が終わり、城の内部が記念館となってリニューアルオープン!

DSC_0533_convert_20180412045126.jpg
別名 小峯城(小峰城)、小早川城(小早川館)
城郭構造 平山城
天守構造 複合式層塔型3重4階(1633年 築)
(1706年 再)
(1960年 RC造復興)
築城主 大森頼春
築城年 応永24年(1417年)
主な改修者 上杉氏、北条早雲、大久保忠世、稲葉正勝
主な城主 後北条氏、阿部氏、稲葉氏 大久保氏
廃城年 1871年(明治4年)
遺構  石垣、土塁、水堀、空堀、大堀切、土塁、郭、障子堀跡
指定文化財 国の史跡
再建造物  天守、門
位置 北緯35度15分3.77秒
    東経139度9分12.39秒
2006年(平成18年)4月6日:日本100名城(23番)に選定

DSC_0534_convert_20180412051534.jpg

小田原北条氏が五代100年にわたり関東支配の拠点とし、
四代当主氏政の時代に上杉謙信や武田信玄の攻撃を退けるなど、難攻不落と言われたそうで、

DSC_0531_convert_20180412050130.jpg

この時は、「小田原かまぼこ桜まつり」が開催されていたようです。

その難攻不落を一夜にして落としたと言われる城にも足を運びました、、、

DSC_0541_convert_20180412045239.jpg

本格的な総石垣造りの山城であり、天守や井戸曲輪も設けられた。
また小田原城まで僅か3Kmのところにあり、標高257mの本丸からは小田原城や城下の様子が一望できます。

DSC_0544_convert_20180412045316.jpg画面中央に小田原城、わかるかな?

石垣山は、もと笠懸山(かさがけやま)、松山などと呼ばれていましたが、
天正18年(1590)豊臣秀吉が小田原北条氏の本拠小田原城を水陸15万の大軍を率いて包囲
小田原城の西にある笠懸山に小田原城からは見えないように城を築き、
完成後に周囲の木を伐採して一夜のうちに城を築いたように見せかけたことから「石垣山一夜城」と呼ばれ、
北条氏側の将兵の戦闘意欲を喪失させる効果があった。

DSC_0543_convert_20180412045257.jpg
別名 石垣山一夜城
城郭構造 梯郭式山城
天守構造 不明
築城主 豊臣秀吉
築城年 天正18年(1590年)
主な改修者 なし
主な城主 豊臣氏
廃城年 天正18年(1590年)
遺構 石垣、曲輪、堀切、井戸
指定文化財 国の史跡
位置 北緯35度14分7.5秒
東経139度7分40秒
2017年(平成29年)4月6日、「続日本100名城」(126番)に選定

ここからですと、海も近いということで、城下町跡を少し散策、、、
何やら、国道の下にトンネル? 向こう側は、海ではないのか?

DSC_0536_convert_20180412045149.jpg


親子三人、潮風を満喫、春に思う、いつの思い出、、、

DSC_0539_convert_20180412053205.jpg

三回にわたっての「卒業旅行」
色々ありましたが、無事に帰路について、、、

先日、入学式がありました、、、


  • Comment:6
  • Trackback:0