さすらう

春になると何か心が、疼く、、、学生時代から、そうだった宗教が教育についてかかわりすぎている変わった学校だった入学式に讃美歌を教会でゴスペルがごとく唄わせられるだけではなかった教育指導という名の体罰みたいなものが存在しているその高専に通っていたころ、学校に対しての矛盾や不満を登校拒否という簡単なやり方で逆らっていたおかげで、2年生を二回やることになった(笑)2年の時の出席日数が足りないこと、専門選択科目...

ひとり反省会

この店のはし袋には「いつもどこかでありがとう」って書いてある。万物に感謝ということなんでしよう前の仕事先にいた頃から、通うようになってでも、半年ぐらいか、店長さんも、よく話しかけてくれるようになったしお気に入りのメニューと店員さんも公私共にまいっていた頃からか、もう限界だった、、、ひとりで迷って、ひとりで悩む、、、「ひとり反省会」自分のなかの試行錯誤だから「ひとり反省会」去年の夏頃からかなぁ、こう...

先日行われた ストフェス2017!!

Twitter記事、斜め読みしていたら!こんな、バイキンマン。大人も悪さしなくなるんじゃない!ちょとやそっとじゃ 「バイバイキ~ン」って飛んで行って、、、ぴか~んしてくれそうにありません。泣く子も黙る!ちょっとリアルすぎる「アンパンマン」...

木蘭の涙 - お彼岸ですね、

逢いたくて 逢いたくて この胸のささやきがあなたを探している あなたを呼んでいるいとしさの花篭 抱えては 微笑んだあなたを見つめてた 遠い春の日々やさしさを紡いで 織り上げた 恋の羽根緑の風が吹く 丘によりそってやがて 時はゆき過ぎ 幾度目かの春の日あなたは眠る様に 空へと旅立ったいつまでも いつまでも 側にいると 言ってたあなたは嘘つきだね わたしを 置き去りに木蘭のつぼみが 開くのを見るたびにあふれだす涙は 夢...

いつも何度でも、、、ゼロになるからだが 耳をすませる

いつも何度でも呼んでいる 胸のどこか奥でいつも心踊る 夢を見たい悲しみは 数えきれないけれどその向こうできっと あなたに会える繰り返すあやまちの そのたびひとはただ青い空の 青さを知る果てしなく 道は続いて見えるけれどこの両手は 光を抱けるさよならのときの 静かな胸ゼロになるからだが 耳をすませる生きている不思議 死んでいく不思議花も風も街も みんなおなじラララララララララ・・・・・・・・・ホホホ...

2011 3 11 東日本大震災・・・黙祷 心の余震は続く、

あの日 あの時忘れることが出来ません・・・あの後、しばらくの間一か月くらい、頭がユラユラして、気分が悪かったです・・・あの時私は、こことは違う店の料理長だった計画停電などがあって、とてもまともな営業は出来なかったどうせ営業できないならば、この会社の料理人みんなで、東北に行き、炊き出しをしたかったある程度知名度のある会社だから、「いい意味で、イメージアップだし被災者の人も助かるのでは?」と提案したが...

雛祭り

先日の免許更新講習のとき、鴻巣駅前のモールにてスゲーピラミッド型ひな壇を見かけてしまったもんで、パシャ!!何体いるのかしらん?一番上はお雛様一人でした(笑)...

エアープラント & ビリヤード 息子とデート

この観葉植物の剪定した後の残骸みたいなもの・・・お洒落な皆さんはご存知かと思いますがエアープランツこんなの一つあってもねぇこうすればこうしちゃえばここまでくると、アートですねぇ。これを息子がやりたいと言い出したものですから。じゃあ大きいホームセンターに行ってみるか?と言ったら、「100均にあるよ」だって、んで、ちょっと100均へ下見、、、(たしかあったなぁ)この日は息子とデートだったもんで、いろいろと考...