辻井伸行 / La Campanelle( ラ・カンパネラ)



この曲を聞いて、滲み出してきた涙は何だろう?
この会場でも涙を抑えている人もいる。

辻井伸行
この人に出会ったのは、7年前
ドキュメンタリー番組の「ソロモン流」を観てからだった。

「全盲であるが故の苦悩の・・・?」
「目が見えないのにすごい」

そんな言い方、そんなことありませんよ
健常者から見たエゴ偏見

彼はピアノを弾く、音楽を楽しんでいる、

全盲のピアニスト・辻井伸行
そう彼を呼ぶ必要はないでしょう。

音楽や絵画、芸術作品などに触れたときに感じる何か
鳥肌が立つときもあれば、ぽっかり穴が開いたり、
戦慄が走ったり、深く深く思いが差し込んできたリ、遠くの方が見えたり、、、

素晴らしくて素晴らしくて、、、これが本当の、「」の技であると思う。

辻井伸行 プロフィール

辻井伸行 オフィシャル・サイト

ラ・カンパネラ
パガニーニの「鐘」によるブラヴーラ風大幻想曲、
『24の奇想曲』やヴァイオリン協奏曲の中から6曲を抜粋し、ピアノに編曲したもの


Franz Liszt
フランツ・リスト
1811年10月22日 - 1886年7月31日
王政ハンガリー出身で、現在のドイツやオーストリアなどヨーロッパ各地で活躍したピアニスト・作曲家。
超絶技巧練習曲で有名ですね。
去年の大河ドラマは観ませんでしたが、
これはよかった!






関連記事
スポンサーサイト
02/07 朝倉さやの朝からさやだべ! 2017 | Home | 春の風

コメント

No title

おはようございます!
辻井さん、素晴らしい演奏をされますよね。
私はフジコ・ヘミングさんのラ・カンパネラも鳥肌が立つような感覚をもちますが、辻井さんのは、染み入ってきます。好みの差ですが、この曲に関しては、辻井さんの演奏がベストです!

2017/02/11 (Sat) 07:02 | 馬場亜紀 #- | URL | 編集
Re: 馬場亜紀さんへ

ご訪問&コメントありがとうございます♥

この曲の完成度が高いんでしょうね!

神の技を持つものが表現しきれる、、、かな

2017/02/11 (Sat) 12:22 | ダリルジョン #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント