宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 2/25公開

いよいよ本日公開
制作発表されたものの、どんな作品になるのか期待はしていた。
内容も少しずつリークされ、ファンお期待を煽っているのか、裏切ってしまうのか?
そんなこんなのPVや中傷

オリジナルを知っているだけに、、、です。

あの頃は「松本零士」一色でした。
例の裁判で敗訴となってしまい、「宇宙戦艦ヤマト」というブランドから
排除されてしまったかのようだ。
私は松本零士ファンとして思う、、、
「あなたが携わったヤマトは、現代のスタッフの中でちゃんと息づいています・・・」と

過去記事にこんな本をピックアップしています
松本零士創作ノート(Amazonで中身をチラ見できます)

この本のカスタマーレビュー投稿に
私と同じ思いで新しいヤマトを見ている人がいたことが
嬉しく思えて、痛く共感しました。

N20160331yamato_002.jpg

さて、今回の「2202」どんなヤマトを魅せてくれるのか!


アンドロメダが悪役に見えます。
私の好きな、シーンはあるらしい!
各方面に散らばった、かつてのヤマトクルー達が
沖田十三の像の前で敬礼をするシーン

本編の冒頭12分ノーカット



新しい宇宙戦艦ヤマトをまだ知らない方はどうぞ、
前作2199です。
これを初めて観たときは、びっくりでしたね!


ヤマトを復活させてくれた、それも今のクオリティで!
戦闘シーンが、滑らかに繊細にリアルに
第一話から食い入ってしまった。
11歳の息子と
親子ともどもヤマトファンですよ。

劇場で観たい!


関連記事
スポンサーサイト
運転免許証 | Home | 苺狩りに行ってきました!

コメント

私も観たい!

ダリルジョン様、

私もヤマトファンです。
ヤマト2202を私もすごく観たいです。ただ、第1章は上映時間1時間弱で、そのために四国から大阪に行くのはもったいないかなという思いもあり、第1章はBDで鑑賞となりそうです。

2202のさらばでは、旧作のように命を落とす人があまりいないようにと願っています。それにしても、今から結末が本当に気になります。

2017/02/25 (Sat) 16:53 | 愛希穂 #- | URL | 編集
Re: Re: 私も観たい!ですよねぇ!!

> > ダリルジョン様、
>
> いや「様」はいらないですよ(笑)
>
> > 私もヤマトファンです。
>
> ついにきましたか~「ヤマト」ファンの方!
> それも「古代くん」ファン。
> なかなか「宇宙戦艦ヤマト」って
> コアなファンが多いのか、記事アップしてもスルーが多いかな~です。
>
> 過去記事読ませていただきましたよ。
> 愛希穂さんの視点で観たヤマト・・・とてもいいですね。
> つながる愛、大いなる愛。
>
> > ヤマト2202を私もすごく観たいです。ただ、第1章は上映時間1時間弱で、そのために四国から大阪に行くのはもったいないかなという思いもあり、第1章はBDで鑑賞となりそうです。
>
> そうですかぁ、四国からはちょっと遠すぎますかね、
>
> 昨日の映画館の座席情報を観ました、
> 新宿、池袋、亀有、千葉、埼玉、宇都宮、
> お昼くらいの2本は、90%埋まっていました。
> 朝と夕、夜は、60%くらいでしたね。(当日の朝5時の段階で)
>
> 私もちょうど休みが取れていたのですが、
> 予約して特別鑑賞券(前売券)を用意していなかったもので、
> 当日の鑑賞は諦めましたよ。
> 後日(たった2週間以内)に、再度と息子ともども思っています(笑)
>
> > 2202のさらばでは、旧作のように命を落とす人があまりいないようにと願っています。それにしても、今から結末が本当に気になります。
>
> 監督、脚本家さんたちは今回の2202は、
> 「さらば・・・」とアニメシリーズの「ヤマト2」をミックスした内容にしたいと
> コメントしているので、最悪のシナリオはないのかなと思いますよ。
> 「ヤマト3」も考えているのでは?
>
> ヤッパリこの辺の話は、私も息子といろいろと話していますよ。
> たくさんのYouTube情報でたくさん話を作り出してしまって(笑)!
>
> 冒頭の12分シーンご覧になりましたか?
> ヤッパリ、アンドロメダは悪いイメージ通りでしたね。
> 悪い軍人たちの道具としての登場でした。
>
> 地球とガミラスの協力、共存を逆手に取る黒い人達
> テレサ、イスカンダル、ヤマトクルー、、、の大いなる愛、
> 両極の絡むシナリオになるのかなぁと思いましたよ。
> 私と息子の出した結果ですが(笑)
>
> 愛希穂さん、また遊びに来てください!

2017/02/26 (Sun) 05:52 | ダリルジョン #- | URL | 編集
No title

「盲亀の浮木」
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

2017/02/27 (Mon) 23:50 | 宇宙大自然の法則 #- | URL | 編集
Re: 宇宙大自然の法則 さん

> 「盲亀の浮木」・・・

ご訪問&コメントありがとうございます。

そして、高尚なお話ありがとうございました。

2017/03/01 (Wed) 04:35 | ダリルジョン #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント