夢時造-yumejizo-

ARTICLE PAGE

「コッピーはお留守番」  いい天気なら、 どこかへ行きたいなぁ~

なんとなく過ぎてく毎日からぬけだしたくなって
知らない街旅に出た どんな1日がまってるかな?

新幹線。街が動き出した 都会と田舎の境目はどこだ?
(結局よくわからなかった)

駅員さんに道を聞いて 名物のうなぎを食べた
特別な日の特別な味 おなかいっぱい

うそみたいに晴れ渡る空 背中押してくれる
三島大社にお参りして 駅まで街散策探検だー!

自然パワーいっぱいの湧水を飲んで
右へ左へ気の向くままに

犬と散歩中のおばあちゃん 公園で遊ぶ子供たち
帰宅中の中学生、高校生
スーパー帰りのお母さん 庭の手入れするおじいちゃん
どこにでもある景色がなんか、素敵だ

特別に感じた街も 誰かにとっての日常で
いつもの道いつもの景色いつもの音なんだなぁ

私にとっての日常も 特別の連続で
素晴らしいことで溢れているはずだ
帰りの新幹線は、行きの新幹線よりも、うんと静かだ。
スーツ姿のサラリーマンがいっぱい

今日もみなさんおつかれさまです
帰ったらコッピーの助に餌あげよう
私も明日からまた頑張ろう。ハッピー\(^o^)/

歌詞はこちらからお借りしました


いい天気な日は、なんか旅に出かけたくなります、  春の放浪癖か?


「コッピーはお留守番」  朝倉さやちゃんが一人旅をした時にできた歌なんです

この歌のエピソードは「さやらんぼ山形」、さやちゃんのブログで、

朝倉さやオフィシャルブログ
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply