夢時造-yumejizo-

無趣味だから自分探して、日々・・・夢の時を造りたい

Entries

マンボウ(° 〉) に逢いに行こう!

時々、海に行きたくなることってありませんか?

海の日もあることだし、

たくさんの水が見たい、河岸とは違うし、湖畔でもない
海が見たい時。

ザブ~ンザブ~ンって、


生き物の本能なのかな?

水があるから、生まれた生き物だから、

微生物から、人間まで、

かつて恐竜は鳥になって絶滅を逃れた
進化の過程で、、、

人間は、まだこれからも進化の過程なのかな?

絶滅を、絶滅の危機を予知できる者だけ、
進化のカードをもらえるのかな?

で、マンボウ(° 〉)
manbou.jpg
tenki.jp画像

Wikipediaより
マンボウ(翻車魚、Mola mola)は、フグ目マンボウ科の1種である。巨体と独特の体型が特徴の海水魚である。
ウオノタユウ(瀬戸内海)、ウキ、ウキギ、ウキキ(浮木)(以上東北地方)、マンザイラク(神奈川)、マンボウザメなど多数の地方名で呼ばれる。
英語名はオーシャンサンフィッシュ (ocean sunfish) だが、ブルーギルなどを含むスズキ目のサンフィッシュ科とは関係がない。

マンボウ最弱伝説はウソ
「最弱伝説」
【小魚の骨が喉に詰まって死ぬ】
【寄生虫を殺すためにジャンプ→水面に激突して死ぬ】
【ほぼ直進でしか泳げず死ぬ】
【海底に潜水して、寒さのあまり死ぬ】
【朝の太陽光を浴びると強過ぎて死ぬ】
【近くに居た仲間が死亡したショックで死ぬ】
【水中の泡が目に入ったストレスで死ぬ】
【皮膚が弱すぎて触っただけで痕が付き、その傷が原因で死ぬ】

水族館に聞いてみた
マンボウは、フグ目マンボウ科に属し、最大で3m以上にも育つ大型の海水魚。
側面から見ると卵形に近い体型や、上下に伸びた「背びれ」と「尻びれ」、後部の「舵びれ」など、一般的な魚のイメージとは異なるユーモラスな外見が特徴だ。
世界中の温帯から熱帯の海に生息し、クラゲなどの柔らかなエサを捕食している。
日本でも、全国各地の定置網漁などで漁獲されているが、鮮度がすぐに落ちてしまうため市場にはあまり出回らず、水揚げされた土地の郷土料理などとして食されている。

名古屋港水族館でマンボウの飼育を担当する小串さんに話を聞いてみたところ、ネットなど広まっているマンボウの死因は、ほとんどがデマとのこと。
「寄生虫を取るためにジャンプをするが、着水に失敗して死ぬことがある」という話では、実際にジャンプすることはあるが、寄生虫を取るためなのかは確認されていないし、水族館で飼育されている個体がジャンプ後の着水で死んだ事例もない。
もちろん、自然環境での確認もされておらず、もし外洋を航行する船でジャンプ後に死んだマンボウを見たのだとしても、他の要因で死の直前だった個体が苦しくて暴れていた可能性の方がずっと高い。

また、何も無い外洋に生息しているので「岩などにぶつかって死ぬ」可能性はほとんど無く、「目に泡や異物が入って死ぬ」という話では、他の魚でも見られる「ポップアイ」という病気の可能性があり、マンボウに限った話ではないという。
クラゲなどを補食しているので「魚の骨が喉に刺さる」ことは基本的にない。
その他に流布されている死因に関しても、確認された事例はないそうだ。

こうした誤解を生んだ要因としては、マンボウの生態がまだよくわかっていないことや、ストレスに弱い魚であることなどが挙げられる。
例えば、既にマンボウが飼育されている水槽に新しいマンボウを入れると、お互いを意識してエサを食べなくなることがあるという。
死ぬほど衰弱する訳ではないが、飼育が難しい魚であることは確かだ。
また、体が硬いのですぐには方向転換できず、まれに水槽の壁面などにぶつかるが、怪我をする程度で死ぬことはない。
水族館での飼育に限っては、他の魚の餌として与えられた魚の切り身を食べてしまい、骨が消化できずに体調を崩して死んでしまうことはある

マンボウがすぐに死んでしまうというデマが流布していることは水族館側でも把握しており、マンボウを見学しているカップルがよく話題にしているそうだ。
マンボウの解説を行う際にデマを否定しているが、それでもデマを信じている人が次々と訪れ、マンボウが水槽の壁面になどに近づくと「危ない、死んじゃう」といった声が上がるほどだという。

実際のマンボウは学習能力が高く、名古屋港水族館ではダイバーが餌やりに水槽に入ると、近寄って来てダイバーの周りを泳ぎだすほど人に懐く魚だ。その様子は、マンボウの餌やりを来館者に公開する1日2回のフィーディングタイムで見ることができる。
フィーディングタイムでは、係員がマンボウの解説も同時に行っているので、デマを信じていた人は、説明をしっかりと聞いて考えを改めて欲しい。
との事「ジャンプして着水するとマンボウは死ぬ」って本当!? 水族館に聞いてみたより

朝倉さやチャンはマンボウ(° 〉)が特別好きなんだそうです!

作詞作曲:朝倉さや

本当にドジっこで いつもぼーっとしているね
そんな風に僕は言われ続けた
まぁ得意なジャンピングでも
時に自分を傷つけちゃうくらいだししょうがないか。。。

大好きな(大好きな)
日向ぼっこ(気持ちいいな)
寝ていたら命の危機わわわわ
どうしてこんなに思い通りにいかないの?

Sunfish sunfish ラランラン なんでくっついてくるの?
Sunfish sunfish ラランラン 君たちは敵・味方?
Sunfish sunfish ラランラン どうでもいいけど~
Sunfish sunfish ラランラン なんだかかゆいな

「こんな僕にも」 丸くて大きな太陽に見えると、素敵な名前をつけてくれた

雨触りが(良かった日に)
雲の間に(現れた)
七色の君だといいな、ラララララ
僕の全部は君への思いではちきれそぉ~ぉ

Sunfish sunfish ラランラン 雨が降るたびに
Sunfish sunfish ラランラン 期待しちゃちゃちゃうんだよ!
Sunfish sunfish ラランラン 君と会えるのなら
Sunfish sunfish ラランラン 冷たい水もへっちゃら!

Sunfish sunfish ラランラン 君に会いたいよ
Sunfish sunfish ラランラン ひとりはさみしい
Sunfish sunfish ラランラン Sunfish sunfish ラランラン
Sunfish sunfish ラランラン ランラランラララン

BGM 朝倉さや「マンボウ(° 〉)」水族館日本一×民謡日本一
【鴨川シーワールド×朝倉さや
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ベルーガもイルカもセイウチもシャチもトドもみんな可愛い♡
http://www.kamogawa-seaworld.jp/index...
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 

マンボウの大特集記事で終わるかと思いきや、最後はやっぱりさやちゃん(^^♪
明るく元気がいいですね。画面からあふれ出そう。

  • posted by ミドリノマッキー 
  • URL 
  • 2017.07/04 16:41分 
  • [Edit]

ミドリノマッキーさんへ 

> マンボウの大特集記事で終わるかと思いきや、最後はやっぱりさやちゃん(^^♪

マンボウって変わった魚ですよね!
まだ知られていない生態が沢山あるようです。

「ツチノコ」といい「マンボウ」といい、
この手のモノにとても興味をひかれてしまう
朝倉さやチャン。
もしかしたら、彼女はこういう生き物に
親近感があるのでしょうか? 同族(笑)!

> 明るく元気がいいですね。画面からあふれ出そう。

まだデビューしたばかりの頃だと思います。
山形弁で「タッチ」を歌って走り回っていた頃(笑)!
あか抜けて小綺麗な今のさやチャンと
一味ちがうでしょ。

また来てくださいね、
コメントありがとさまでした!
  • posted by ダリルジョン 
  • URL 
  • 2017.07/04 17:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

夢時造へようこそ!!

ご訪問のお印ポチッと押して!

プロフィール

ダリルジョン

Author:ダリルジョン
夢時造ブログへようこそ!

かつて学生時代は
新人類と言われた、50過ぎ、、、

日々の気づきや思いはマイペース
記憶の記録を書き込んでます 

お仕事は、和洋中のコックさん!
現在、特別養護老人ホームにて奮闘中

朝倉さやちゃんの応援しています!

リンクフリーです、
アドバイス・コメント・ご指導 
待ってます!!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1259位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

カウンター

右サイドメニュー